最近怒りっぽくなってきた。意外な原因と解決方法について。

介護士の悩み解決

ストレスが溜まってすぐイライラしてしまう。

最近怒りっぽくなったと自覚して、とてもうんざりしている。

 

多くの介護職員と面談をしてきましたが、こういった相談が結構多いです。

 

 

私も以前は短気ですぐイライラが表情や声に出てしまう性格だったので、気持ちは痛いほどわかります。

そもそもイライラしてしまう原因とはなんでしょうか。

周囲の事例や私の経験から分析してみました。

 

イライラの原因

体力的・精神的疲労の蓄積

睡眠・食事をしっかり取り、適度な運動もできている。

体調が万全であれば、些細なことでイライラする人は殆どいませんでした。

 

しかしながら、疲労が蓄積している場面の些細な一言、行動で腹が立ってしまうという方がとても多かったです。

どちらかといえば精神的疲労の方が「イライラ」に対して結びつきやすいです。

 

想定した未来を邪魔されたとき

イレギュラーなトラブルが発生した時に「怒り」「イライラ」に繋がるケースも多かったです。

・電車の遅延で遅刻しそうな時、鉄道会社や車掌にイライラしてしまう。

・介護施設であるあるな同時多発「トイレの訴え」

他にもたくさん例はあるかと思いますが、自分が思い描いていた近い未来を阻まれるとつい腹が立ってしまうという人は多かったです。

 

 

それを踏まえた上で解決方法を考え、相談者と一緒に実施していきました。

その中で、効果的だったものを紹介いたします。

 

イライラを避けるために

寛容力の向上

とてもシンプルですが、しっかり休んでください。

一口で「休んでください」と言っても、

自分が体力的に疲れているのか、

精神的に疲れているのかで休み方が変わります。

 

体力的に疲れているのであれば、適度な睡眠・食事を摂ること。

精神的に疲れているのであれば、「趣味でのストレス発散」も良いですが、個人的には「森林浴」を勧めます。

 

「近くに森林なんてないよ!」というあなた。

心配は御無用。

ちょっとした自然に触れるだけで十分効果はあります。

晴れた日に近所の公園にあるベンチに腰掛けて

木々を眺めるだけでも心が落ち着きます。

 

嘘だと思ったあなた、是非やってみてください。

発想の転換・自己分析

人間、なかなか「性格」を変えるのは難しい生き物ですが、

「考え方」を考えるのは比較的簡単です。

「電車が遅延した時」は、

慌てても急いでも結果が大きく変わることは望みにくいです。

なので「慌てても仕方ない、会社に一報入れて一旦落ち着こう」と

諦めて受け入れること。

 

諦める」ことは、

一見マイナスイメージを持たれがちですが、

とても大事。

 

目の前で起こっていることに対して、

何も考えずに怒るより

考え方を変えて諦めるほうが無駄に疲れません。

 

あとは、自分がどういったときに「イライラ」しやすいのか明確に把握・分析をすること。

 

私の場合は「眠い」時、

「お腹が空いている」時に機嫌が悪くなりやすいので、

回避できるように行動しています。

 

これをしっかり把握するだけで

イライラ」を避けることは十分に可能となります。

 

終わりに

イライラ」してしまう時間を減らすことで自分に余裕が生まれ、

冷静な判断・思考が可能になります。

 

そうすることで生まれるクリエイティブな発想、

物事を解決する力を大切にしてください。

今まで以上に輝くことができるので自信を持つことが出来るようになります。

 

明日から実践できる内容なので、是非取り組んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました