「人見知り」は克服するのでなく、◯◯をせよ!

働き方のすすめ

人見知りを克服したい!

とは言っても

コミュニケーションが苦手…

 

私自身が人見知りなので、

気持ちはとてもわかります。

 

結論から言うと、

人見知りは克服しなくて大丈夫。

 

その秘密、公開します。

 

人見知りの強みを知る

「人見知り」の特徴って何でしょう?

・嫌われるのが怖い

・極度に緊張してしまう

等々

 

そのため、

どんどん気分も落ちていき、

人が多くいる場所を避け、

 

表情まで暗くなってしまう。

 

負のスパイラルに陥ってしまいます。

私自身がこれ全部

当てはまっているので

痛感しています。

 

ある日、ふと思いました。

「人見知りの強み」って

なんだろう?

 

 

自分を振り返ってみました。

 

私は嫌われるのが怖いので、

よく考えて発言、行動をします。

 

自分が発言する前に、まずは

相手の話をしっかり聞きます。

 

聞いた上でよく考えて

会話をします。

 

仕事、プライベートでは

家族や仲間の動きを

しっかり観察します。

 

そうすることで

相手の動き、行動に合わせて

柔軟・臨機応変に動けます。

 

なので、私は人見知りですが、

観察力が高くなり

落ち着いて人の話を聞く力

が自然と身に付いていました。

 

「人見知り」

一見弱点に見えますが、

このように考えると

しっかりとした強みになり得ます。

 

 

強みを知り、自信を持つ

「人見知り」の強みを知ると、

苦手意識、コンプレックスではなく

自信に繋がります。

 

自信が持てると表情も明るくなり、

周りが声をかけてくれるようになります。

 

無理して自分から

声をかけなくて大丈夫。

 

これは本当に

ありがたいことです。

 

「人見知り」

短所と思われがちですが、

視点を変えるだけで

立派な長所となります。

 

自分に合った人間関係を作る

「人見知り」を克服しようと、

外部の会議

SNSのオフ会

色々参加しました。

 

ですが、何回行っても

全く克服出来ませんでした。

 

むしろ、人が大勢いるところが

余計にイヤになったくらい。

 

結局のところ、

私が幸せな瞬間っていつだろうか。

 

それは

自然体を受け入れてくれる時間。

 

別に友達をたくさん作る必要はない。

波長の合う人との時間を大事にすればいい。

 

無理して環境に合わせて

自分の色を変えるんじゃなくて、

自分の色に合った環境で

最高のパフォーマンスを発揮しましょう。

 

伝え方を工夫する

人前でのプレゼンが本当にイヤ

知らない人と極力会いたくない

 

情報社会と呼ばれる昨今。

無理して人と喋る必要はないです。

 

SNSの活用

Twitter

Facebook

Instagram

今やほとんどの人が利用しているSNS。

顔を出す必要もなし

不安なら発言を取り消せばよし

 

私は「人見知り」の人こそ、

情報を発信すべきだと思います。

 

それはなぜか?

 

 

上記でもお伝えしましたが、

「人の心境変化に鋭い」

「よく考えて発言、行動できる」

 

このように、

現状の分析が得意な人が多いです。

 

意外な気づきや

画期的なアイデアを持っているのに、

「嫌われるのが怖い」ので、

宝の持ち腐れになってしまう。

 

本当にもったいないです。

 

ブログの運用

SNSだと、

1度に発信できる文字数や

表現に限りがあります。

 

「ちょっと物足りないな」

感じ始めたときが

「ブログ」開始のタイミングです。

 

慣れないうちは、

面倒な設定がほとんどない

「はてなブログ」をオススメします。

 

おさらい

まずは

「自分は人見知りなんだ」

と決めつけるのではなく、

自分自身の特徴を把握しましょう。

 

そして

居心地の良いと思った場所

自然体で波長の合う人

を大切にしてください。

 

「人見知り」は克服するのでなく、

特性を認識し、しっかりと

強みを活かすことが大事です。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました