超真面目なあなたへ。「断る」と、未来が変わります。

働き方のすすめ

世の中には

超がつくほど真面目な人がいます。

 

 

今回はお願いされた仕事を全部受け入れてしまう「超真面目な人」に向けて、「断る」ことの重要性についてお話しします。

 

断らないと起きること

 

一生懸命に仕事をするのは

大事なことですが

 

 

時間や体力には限界があります。

 

 

「断る」勇気を持たないと

 

様々な問題が発生してくるので要注意です。

 

 

大事な時間が奪われる

 

 

モチベーションが高く、

「とにかく仕事が楽しい」

「成長したい!仕事ほしい!」

 

 

こういう状態であれば

積極的に仕事を引き受けてください。

 

 

しかし、そうではなくて

 

 

「なんだか断れない」

「他にやる人がいないから…」

 

 

そう言って、残業したり

休暇を潰して仕事をすると

あなたの時間がどんどん奪われます。

 

 

「何をしているときが楽しいか」

「何のために仕事をしているのか」

 

 

あなたに

家族や友人、大切な人がいれば

 

その人との時間まで奪われることになるので、仕事を抱え込みすぎだなと思ったら1回振り替えってみましょう。

 

 

パフォーマンスが落ちる

 

当たり前ですが、

許容を越えた量の仕事をしていれば、体力的・精神的に疲れます。

 

 

疲れたときは身体も脳も働きが鈍くなるので必然的に仕事の質が低下します。

 

 

結果としてダラダラと残業してしまい、仕事の完了までに時間がかかってしまう。

 

 

私は以前、

自分1人で抱え込みすぎて

納期を過ぎてしまうことがあったので

 

 

計画的に仕事を進められるように

 

・「重要度の高いもの」

・「緊急性の高いもの」

 

この2つに仕事を分類しています。

 

 

これだけでも情報の整理が出来るので、仕事の質を向上させるために活かしてみてください。

 

 

「都合のいい人」になりがち

 

 

なんでもかんでも引き受けると

「とりあえずお願いしてみよう」

と、相手のペースに飲み込まれてしまいます。

 

 

ここで必要なのは

得意、苦手の取捨選択

好きなこと、得意なことであれば苦にはなりにくいので、積極的に引き受けましょう。

 

 

苦手な分野の依頼に関しては

とにかく慎重に。

 

 

私は字を書くのが苦手で、

絵心が全くないので

創作系の依頼はほとんど断っています。

 

 

その代わりに、

人の話を傾聴すること、文章をタイピングするのは昔から好きだったので

 

 

・議事録作成

・面談

・プレゼン資料作成

 

これらの仕事は率先してやってます。

 

 

あなたの強み、弱味を

自分自身だけでなく、

 

 

周りにもしっかりアピールして

個性を伸ばしていくだけで

無理なく活躍することができます。

 

 

断っても世界は回る

 

 

あなたが仕事を断ったところで、

他の誰かが代わりにやるだけです。

 

 

これは

あなたの存在否定ではないです。

 

誰もあなたが倒れることなんか

望んでいません。

 

しかしながら

人は真面目過ぎる人に頼りすぎてしまうんです。

 

一生懸命に仕事をしている姿は

みんなが見ています。

 

少しくらい投げ出したってバチは当たらないし、

誰も恨みません。

 

 

「超真面目」なあなたがすべきことは

 

身体的、精神的に健康であり、長期的に組織やお客さんのために価値提供をすること。
ほんの少しだけ、気楽にいきましょう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました