人見知りの私がホントに苦手だった「声掛け」を克服した方法

働き方のすすめ

介護や育児では

欠かすことのできない「声掛け」

 

ただでさえ「人見知り」なので

「声掛け」が苦手でした。

 

 

その中でもホントに苦手だったのが

「喋ることが難しい人」への声掛け。

 

新人介護士だった頃

思い返しながらまとめました。

 

難しく感じていた「声掛け」

 

「つらいね・・・」

「悲しいね・・・」

「おなか空いたね・・・」

 

こんな具合で

なんとなく声をかけてみるものの

会話が続かない。

 

 

文字通り、「・・・・・・。」

終わりになってしまうことが大半でした。

 

 

・変な空気感

・違和感のある苦笑い

・特に誰かが助けてくれる感じもない

 

 

ジワジワと心にダメージが蓄積します。

 

「俺、なにやってるんだろ?」

「これを何年も続けていかないといけないの?」

 

そう考えると

単純にしんどかったです。

 

 

更に追い打ちをかけたのは

 

 

私が「声掛け」を苦手にしているのは

ある程度仕方なかったので

まだ大丈夫だったんですが

 

 

同期入社の介護士さんが

スムーズにとても楽しそうに

 

ご入居者、ご利用者と

話をしているのを見て

自信を無くしかけました。

 

 

「やっぱり向いてないな・・・」

と、数え切れないくらい

新人の頃は思っていました。

 

 

上手な人に聞いてみた

 

そのまま

介護士を辞めるという選択肢

考えてましたが

 

 

・実家を出て一人暮らしを始めたばかり

・お金がない

・もうちょっと頑張りたい

 

こういう状況、心境だったので

「声掛け」が上手な先輩に

コツを聞いてみました。

 

 

「意外と嫌われないよ」

 

私にとっては

シンプルにこの一言が衝撃でした。

 

 

なぜなら私が一番恐れていたのは

「嫌われること」だったからです。

 

 

嫌でも近くで接する場面が多いんだから、話しかけちゃえばいいんだよ。

近くで何も言わずに黙っている方が薄気味悪いでしょう?

斎藤くんがもし「介護を受ける立場」になったらどう接してもらいたい?

それだけ考えたら、やることは意外と単純。

そしたら意外と嫌われないよ。

 

今まで私の中で思い描いていた

常識いい意味で全てぶっ壊れました。

 

 

相手のことは一切考えず

自分のことばかり考えていた。

 

 

そりゃ、誰も心なんて

開いてくれるわけないですよね。

 

「同情」じゃなくて「共感」

 

 

このブログで

再三言ってるかもしれませんね・・・。

 

上から目線になりがち「同情」よりも

相手の気持を知ろうとするため「共感」

ネックになってきます。

 

相手の立場を想像する

 

「つらいね・・・」

「苦しいね・・・」

 

と、言うだけだと

会話は続きません。

 

相手の気持ちを

理解しようとしていないので

思考も止まります。

 

 

「つらいね・・・」と言うだけでなく

「どうしてつらいんだろう?」

考えるだけで想いが乗っかります。

 

 

相手の気持ちを

考えることが出来るようになると

行動が変わってきます。

 

 

声をかけて背中をさすったり

本人に直接話を聞いてみたり

 

そうすることで

自然と口数が増えていきました。

 

 

周りは意外と聞いていない

 

とは言え

「声掛け」って慣れないと

意外と恥ずかしいんですよね・・・。

 

 

「なんか照れくさい」

「誰かに聞かれたら恥ずかしい」

 

私はしょっちゅう感じてました。

 

だけど、なんとか頑張って

「声掛け」を続けていたら

あることに気が付きます。

 

 

「あれ、意外と指摘されないぞ」

 

そりゃそうですよね。

介護の現場では

「声掛け」なんて当たり前。

 

 

その「声掛け」を笑う人はいません。

 

むしろ、上手な声掛けができていると

「さっきの声掛け、良かったね」

褒められたりする。

 

小さな成功体験の積み重ね

 

 

明らかな

暴言や自尊心の否定はNGですが

 

「声掛け」って

リスクがないんですよね。

 

なので少しずつ挑戦する。

続けていると先輩やご入居者から

褒められたり

「ありがとう」と感謝される。

 

これを積み重ねていくだけで

徐々に苦手意識も克服できました。

 

終わりに

 

昔は

「ガンガン話しかけれる人ってすごい」

と思っていましたが、今は少し変わりました。

 

 

人見知りの強みは

嫌われることの怖さ故の観察力です。

 

 

なので、本来「共感力」は高いです。

 

そこに気づいてからは

「ガンガン話しかけること」

必ずしも正解とは思わなくなりました。

 

 

大切なのは

相手が何を求めているか考えること。

 

 

失敗したっていいんです。

考えないで行動するより余程マシ。

 

 

「人見知り」は短所じゃないので

自信を持って大丈夫です。

もっと胸を張っていきましょう。

 

 


 

 

ブログの添削

副業、転職の相談

介護の仕事についての相談

これらを

完全無料で実施しています。

 

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

友だち追加

 

 

登録特典

①【一般介護士が1ヶ月でフォロワーを2500人にした方法】の記事を

無料でプレゼント。

 

②ブログ、副業、介護の仕事の相談を完全無料で実施。

 

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

友だち追加

 

ブログ、情報発信を始めてみたい方

介護の仕事で悩んでいる方は

必ず登録してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました