話題の「スケッター」に登録。介護施設が取り入れるべき理由とは?

働き方のすすめ

無資格、未経験でも

ちょっとした時間で

介護現場のお手伝いができる

「スケッター」

 

 

スケッターの重要性と

介護施設側のニーズを合わせて

まとめてみました。

 

 

スケッターって何?

 

・スキマ時間を活用したい

・介護に興味はあるが

 何をしたらいいかわからない

 

そういった働き手側のニーズと

 

 

・人手が足りなくて困っている・・・

・スタッフの仕事満足度を上げたい

 

このような介護施設側のニーズを

マッチングさせるためのサービスです。

 

 

専門知識がなくても大丈夫

 

介護の経験もないし

専門資格も持っていない・・・

 

そう思われている人も

少なからずいると思います。

 

 

しかし、スケッターに関しては

無資格・未経験でも登録が可能です。

 

 

 

介護の仕事に興味がある

 

とりあえず純粋に現場のことを知りたい

 

家でゴロゴロしていてもつまらないし

人に喜ばれるようなことをしたい

 

大切なのは専門性よりも

介護に携わりたいという気持ちです。

 

これさえあれば誰でも登録可能です。

 

 

 

介護施設側は大歓迎

 

介護業界全般に言えますが

深刻な人手不足です。

 

1時間お手伝いをしていただけるだけで

ホントに助かります。

 

 

食事・排泄・入浴・レクなどの

直接的な介助がイメージされますが

 

 

無資格でも十分すぎるほどに

施設や職員に対して貢献することが出来ます。

 

 

 

食事のお手伝い

ご利用者への方に食事介助をするのは

施設にもよりますが

経験や資格を求められる場合があります。

 

丁寧に教えてもらいながら

経験をさせて貰える場所もあるので

施設側と相談してみてください。

 

 

食事のお手伝いと一口に言っても

 

食事の盛り付け、配膳、提供、食器洗い

後片付け、エプロンの洗濯・・・

 

 

未経験でもお手伝いできる仕事が

意外と多いです。

 

こういう求人を出している事業所は

ほとんど見かけませんが

 

現場スタッフの意見としては

1時間でも居てくれるだけで

神的存在だと思っています。

 

 

バックヤードの仕事を

サポートしてもらえるだけで

現場のスタッフは次の仕事へ

スムーズに移行できるので

 

疲労、ストレスの劇的に緩和に

つながるんです。

 

 

 

レクのお手伝い

 

散歩同行、折り紙

トランプ、塗り絵の準備・・・

 

 

全部書くとホントにキリがないです。

 

こちらの方が「食事」の場面よりも

積極的に利用者の方と関われるので

現場の空気感を知るのにはオススメです。

 

 

ベテランの介護士全員が

折り紙・トランプなどを

得意としているわけではないので

 

こういったサポートを

外部の方がしてくれるのは

ありがたいです。

 

 

傾聴のお手伝い

 

多くのご利用者を

一度に相手にするのではなく

 

1対1でのお話し相手になります。

 

 

介護現場では

全体の業務に追われてしまい

1人1人との時間を作るのが

難しくなる場面もあります。

 

 

 

「話を聞いてもらいたい・・・」

「私よりも若い人とお話がしたい」

 

言葉には出さないですが

こういった潜在的ニーズは多いです。

 

 

そういった方々に対して

日常のお話しだったり

昔のお話しをされると

とても喜んでいただけます。

 

 

おじいちゃん、おばあちゃんと話すのが好き

昔のことを聞いてみたい

という方には是非とも来てもらいたいです。

 

 

朝食のお手伝いはまさに「神の手」

 

朝食前の準備や

ご入居者の誘導などを実施しているのは

夜勤明けのスタッフであることが多いです。

 

 

既に夜勤を経験されている方であれば

早朝業務の大変さ、しんどさが

痛いほどわかると思います。

 

文字通り、猫の手も借りたいんです。

ホントに切実。

 

 

そんな中、1時間でも

食器洗いだったり

ご入居者の見守り

食事の後片付けなどの業務を

フォローしてもらえるだけで

ホントにありがたいんです。

 

介護の資格がなくても

非常に重宝されます。

 

スケッターさんの声

 

そんな中、私の記事を見てくれた

知人がスケッター登録をして

早朝業務のスケッターになっていました。

 

 

 

 Mケア~朝食の時間
夜勤者が1番しんどい時間

でも、
転倒・誤配・誤薬
気を緩められない時間

スケッターをはじめた時
私はこの時間に
お手伝いに行こうと決めた

もちろん、
傾聴やレクの補助も大切だけど…

私が少し動き回ることで
夜勤者さんの負担がちょっとでも
軽減されたらうれしいです😊🌸

 

 

介護の現場を知っている方なので

どの時間が一番大変なのか

どういう時に手助けがほしいのか

 

これらを痛いほど理解しているからこそ

生まれた行動力だと思います。

 

 

こういう反応をいただけると

記事を書いてよかったと

心から思うことが出来るので

純粋に嬉しいです。

 

 

学生、主婦の方にススメたいワケ

 

とりあえず介護を体験してみたい

 

パート、アルバイトだと

ちょっと拘束時間が長すぎる・・・

 

多くの施設のことを知りたい

 

 

このようなニーズであれば

迷わず登録すべきです。

 

 

学生の方にオススメしたい理由

 

先日このようなツイートをして

反響をもらいました。

 

 

しっかりと専門学校に通って

就職するのはもちろんいいのですが

 

 

歪んだ常識

押し付けてくる大人たちが

たくさんいます。

 

 

「学校は嘘を教えている」

「これがここのやり方だ」

 

真顔でこんなことを言ってくる

先輩や上司も少なからず居ます。

 

 

入社したての時点で

これらに逆らうこと

相当難しいので

 

 

あらかじめ

「スケッター」を活用し

 

多くの施設に足を運び

経験を積むことを

強くオススメします。

 

 

いい部分も見えてくるし

悪い部分も見えてきますが

 

どうして「良い」と思ったのか?

どうして「悪い」と思ったのか?

と、考えながら活動すると

質の高い介護に繋がります。

 

 

主婦の方にオススメしたい理由

 

最近では、時短勤務が出来る職場も

増えてきましたが

 

それでも

「子供が熱を出してしまった」

「体調を崩してしまった」

 

などの理由で

やむなく早退しなければ

いけない場面も出てきます。

 

「施設側に迷惑かけたくない」

「肩身が狭くなってくる」

 

このような悩みを抱える

ママさんも少なからずいらっしゃいます。

 

 

そんな方に

1~2時間のスキマ時間でも

働くことが出来る

「スケッター」をオススメしたいです。

 

 

「スケッター」って稼げるの?

 

地域、施設によって異なりますが

時給換算で900円~1000円前後

案件が多いです。

 

正直なところ

「稼ぐ」にコミットするのであれば

他の方法もあるかもしれません。

 

なので

未経験だけど働きながら

介護の現場を知りたい人

 

経験はあるけど

事情があって長い時間は働けない人

 

これに当てはまる人にとっては

絶好のチャンスだと思います。

 

 

スケッターに求人を出している施設は

基本的にはどなたでもウェルカムなので

気軽に登録してほしいです。

スケッターとは - sketter
My splendid Nuxt.js project

 

 

転職活動への活かし方

 

やる気や実績が伴えば

気軽にたくさんの施設を

周ることが出来るので

 

働きやすい職場を見つけるのに

もってこいだったりもします。

 

 

 

スケッターでちょこちょこ
他の施設を
覗かせてもらってるけど

リアルな人間関係や
業務の実態が目視できるから
職場選びとしても有意義かも。

自分の肌に合ってると思ったら
直接「就職したいです」と
交渉しても面白そう。

 

スケッターを活用されている方で

このように思われる方も少なくないです。

 

 

そのように思ってしまう

採用事情も理由の一つだったりします。

 

 

ミスマッチが多い介護業界

 

介護業界の

離職率が高い理由の一つに

入社前、入社後のギャップがあります。

 

 

採用ホームページや

採用面接で思い描いていた

仕事のイメージと

 

実際に現場で配属されたときの

イメージが大きくかけ離れていることに

驚きを隠せず

 

業務についていけなかったという人も

多かったです。

 

 

ですが、スケッターを活用すれば

 

どういう職場なのか?

どういう人が働いているのか?

具体的な仕事内容は?

 

このあたりを

勝手なイメージではなく

超具体的に肌身で感じることが出来ます。

 

入社したけど、人間関係が合わない・・・

思っていたのとなんか違う・・・

 

このようなミスマッチを防ぐことに

スケッターが貢献することも出来るのです。

 

 

登録前の注意点

 

以下、スケッターのHPから

引用しています。

 

確定申告は?

本業がある方は年間で20万円以上の副業による報酬を受け取った場合、確定申告が必要です。ご自身で確定申告の手続きをしていただく必要があります。(20万円以下は申告の必要はありません。)※もし、年間を通して20万円を超える場合には、活動された施設に収入証明書発行の請求をしてください。

 

未成年はOK?

18歳以上の方であれば登録可能です。

(高校生不可)

 

アルバイトを禁止されてる場合

有償ボランティアではありますが、報酬が出ますのでアルバイトとみなされる可能性があります。ご勤務されている会社(または学校)にお問合せください。

 

 

終わりに

 

「正社員」「パート」「派遣」と

いう働き方の常識を

いい意味で改変させた

「スケッター」

 

 

少子高齢化社会が進むにつれ

介護業界の人手不足

加速度的に進んでいく中で

この取り組みは

本当に画期的だと思いました。

 

 

実際には

人手が足りないのではなく

 

ちょうどよい働き方が

出来る職場が少ないのが

現状の問題なのかもしれませんね。

 

スケッターとは - sketter
My splendid Nuxt.js project

 

全国各地のエリアで募集があるので

近隣の施設を探してみてください。

 


 

 

ブログの添削

副業、転職の相談

介護の仕事についての相談

これらを

完全無料で実施しています。

 

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

友だち追加

 

 

登録特典

①【一般介護士が1ヶ月でフォロワーを2500人にした方法】の記事を

無料でプレゼント。

 

②ブログ、副業、介護の仕事の相談を完全無料で実施。

 

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

友だち追加

 

ブログ、情報発信を始めてみたい方

介護の仕事で悩んでいる方は

必ず登録してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました