事故報告書は始末書ではない。有望な若手を潰さないために…

働き方のすすめ

 

先日

このようなツイートをしました。

 

 

 

わかっているようで

論点がズレてしまいがち

介護施設における

「事故報告書」について

考察してみました。

 

 

事故報告書≠始末書

 

介護施設での事故報告書は

事故の前後背景をまとめ

再発防止に努めるため

記載をするのですが

 

 

・事故を見つけた人が犯人

・報告書は発見者が書くもの

 

まるで始末書反省文のように

認識している人が

介護施設には

少なからずいることが多いです。

 

 

確かに

居室内での転倒

ベッドからの転落などの

発見状況に関しては

発見者が責任を持って書くべきです。

 

 

いつ、だれが、どこで、どのように

起こった出来事なのか

 

これは発見者しか

わからないからです。

 

対応の証拠にもなる

 

出血や骨折といった

大きな怪我をした際などは

 

「ホントにちゃんと対応していたのか?」

と、突っ込まれます。

 

口だけではなんとも言えるので

事故の前後背景

怪我をされた本人の生活状況などの

説明責任は出てきます。

 

 

自分の親、家族などが

施設で大怪我をしたとなったら

 

「どうして?」

「なにがあったの?」

気になりますよね?

 

 

なので業務上で

やるべきことをやっていた上で

起こってしまった出来事であると

具体的にまとめる必要があります。

 

 

説明が不十分だと

訴訟にも繋がる恐れがあるので

嘘はつかずに誠意を持って対応すべきです。

 

 

施設側が

ちゃんとやっていると思っていても

 

残念ながらその思いが

ご家族に伝わっていない場合もあります。

 

 

なので

事故報告書を

お互いが納得行く形に仕上げるのは

 

ご入居者、利用者の

再発防止を考えるとともに

 

スタッフの身を守ることにも

繋がってくるのです。

 

 

犯人探しは本質ではない

 

事故の前後背景

環境面や本人因子を分析し

対応策を考え実施する。

 

 

これが一般的な

事故報告書記載の流れですが

 

「誰が見てたの?」

「ちゃんとやってたの?」

 

このような見方をする人もいます。

 

 

確かにわからなくもないんですが

 

 

犯人を見つけて

問い詰めること

再発防止のために

なるのかと言われたら

必ずしもそうとは言い切れないです。

 

 

もちろん

普段からちゃんとやってない人

論外です。

 

問い詰められても

仕方ないと思います。

 

 

誰もいないよりはよほどマシ

 

「私がちゃんと見てなかったから…」

と、経験の浅い介護士さんが

後悔、反省の念に

囚われている場面を見かけます。

 

 

こういう人は

ホントに優しいし

ホントに反省していると思うので

強く責めるべきではないです。

 

 

いくら経験が浅くたって

「眠たいのかもしれない」

「ちょっと疲れているのかな?」

「あっ、あの動きは危ないかも…」

 

程度の差はあれど、こんな形で

相手に寄り添ったり気にかけたり

しながらフロアの見守りは出来ます。

 

 

その見守りさえなかったら

もっと早い段階で

ご入居者や利用者さんが

どエラいことになっている

思いませんか?

 

 

なので

心の優しい新人さんの

自信を奪う行為は絶対にすべきではないです。

 

 

その代わり

同じ事故のないように

一緒に再発防止について考えましょう。

 

 

 

終わりに

 

事故報告書の書く目的を

見失わないように

 

犯人探しをすると

論点がズレる

 

とは言いましたが

露骨に犯人探しをしようとする人

職場に多くいるのであれば

職場を変えるのが得策です。

 

 

考え方が

人それぞれなのも事実なので

 

相手の考えに合わせて

自分の考えをコロコロ変えるのではなく

 

自分の信念をしっかりと持って

それに共感してくれる人と

行動をともにすべきだと

私は強く思います。

 

 

 


 

 

ブログの添削

副業、転職の相談

介護の仕事についての相談

これらを

完全無料で実施しています。

 

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

友だち追加

 

 

登録特典

①【一般介護士が1ヶ月でフォロワーを2500人にした方法】の記事を

無料でプレゼント。

 

②ブログ、副業、介護の仕事の相談を完全無料で実施。

 

⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

友だち追加

 

ブログ、情報発信を始めてみたい方

介護の仕事で悩んでいる方は

必ず登録してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました