副業?フリーランス?混乱するのでとりあえず簡潔にまとめてみた。

働き方のすすめ

副業してます!

と言っていた人がやっていたのが

ダブルワークだったり

 

フリーランスを夢見てます!

と言っていた人が

フリーランス自体を

よく理解していなかったり

 

色々とごっちゃになりがちなので

それぞれ簡潔にまとめてみました。

 

副業

 

副業

1つの仕事を軸にしながら

空いた時間を使って

仕事をする働き方。

 

 

「副」には

助ける、そえる

という意味があるので

本業以外の収入として

補助的な形で収入を増やすというのが

副業の役割です。

 

 

私で例えるならば

正社員で「介護士」をしながら

休日、スキマ時間を使って

ブログの執筆をし

広告収入で稼ぐ

 

こんな感じの働き方を

本来は副業と呼んでいます。

 

ダブルワーク

 

副業

ごっちゃになりやすいのは

ダブルワークです。

 

どちらも

同じ意味合いで使われることの方が

多いかもしれませんね・・・。

 

 

ダブルワークは本来

「掛け持ち」的な意味合いで

使われる言葉でした。

 

昼間はスーパーでアルバイトをして

夜になったら居酒屋でバイト

 

このような感じで

どちらも明確な本業ではない状態

のことを指していました。

 

 

フリーランス

 

自由な生き方

自由な働き方を指す意味合いで

SNSなどで見かける

「フリーランス」という言葉。

 

 

Wikipediaには

このようにまとめられていました。

 

フリーランスfreelance)は、特定の企業団体組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。日本では『自由業』『自由職業』[1]『フリーランス』と呼ばれる。請け負った業務を実際に遂行する本人はフリーランサーフリーエージェントと呼ばれる。

 

特定の企業や団体、組織に

属していないという点では

自由な生き方かもしれませんが

 

仕事を

自分で取りに行かないといけないので

ある程度の技術やノウハウ、人脈がないと

会社に勤めるより遥かに大変です。

 

 

会社を辞めること

自由になることだと思っていた時期が

私にもありましたが

 

 

仕事を獲得できなければ

収入はなくなります

 

怪我や病気をした時などに

有給休暇的なものも

基本的にありません。

 

 

会社員って

不自由なようで

意外と恵まれている

守られている部分も多いんです。

 

同じ意味合いで使われることが多い

 

副業

ダブルワーク

フリーランス

 

 

という言葉で説明するよりも

自分が目指している働き方を

そのまま話す方が

伝わりやすいのかもしれません。

 

スキマ時間をうまく使って稼ぎたい

職場を掛け持ちして働きたい

組織には属さず自分のペースで働きたい

 

このように使い分ければ

認識の相違は生まれにくいです。

 

副業≠ネットビジネス

 

ごっちゃになってる人多いのは

色々と怪しい情報発信をしている人が

はびこっているからだと思います。

 

 

楽して稼げる系

「自由な生活をしています!」

「権利収入でノマドライフ!」

 

こんな感じのアカウントは

結構多いですね。

 

大抵の場合は

マルチの勧誘

情報商材販売に向けたリスト取り

が目的です。

 

 

フォローしたり

LINEを登録したりすると

もれなく売り込みをかけられます。

 

 

「どういう手法を取るんだろう?」

「もしかしたら本物かも?」

 

こんな感じで

探ってみるのは面白いです。

 

話が金策になったら

スッと引きましょう。

 

楽じゃないけど稼ぐ方法

 

ホントに楽して稼げるのなら

無償で教えることはないので

そこはお忘れなく。

 

 

私が実施したネットで出来る副業に関しては

こちらの記事にまとめてあります。

 

 

ブログ、ライター業

プログラミング等

0スタートで収益化させるのは

現実的ではないです。

 

 

最低限の知識やノウハウを積み

価値提供をしていくには

それなりの時間と勉強が必要です。

 

終わりに

 

正社員という

働き方だけに囚われずに

 

個人で稼ぐことに

興味を持ち始めている人は

増えています。

 

 

様々な働き方

稼ぎ方を知るのは

いいことだと思います。

 

 

しかし

怪しい情報中身のない情報も含めて

ネット上は情報の量が多すぎるので

 

 

しっかりと選び取らないと

余計な出費に繋がるので

注意が必要です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました